疼痛性障害を克服する【治療でハピふるライフ】

笑顔の医者

MENU

病気を知る

現代は昔と違ってさまざまなことが変化しています。それは人々の生活なども大きく変えており、それに伴って一人ひとりにかかる負担やストレスなども大きく変えています。特にストレスなどは現代の社会でとても多く、そのことから現代はストレス社会だといわれているほど。そして、精神的にかかるストレスが、従来よりも精神疾患を増加させている一つの要因でもあるのです。
精神疾患は近年患う人が増えてきており、特にうつ病などは多くの人が一度は耳にしたことがあるといえるでしょう。精神疾患というとうつ病などが思い浮かぶ人もいるかもしれませんが、実はほかにもさまざまな病気があり、そのなかには疼痛性障害という病気などもあります。疼痛性障害とは、体のあちこちに痛みが出てしまう病気で、その痛みも生活するのが困難になるほど激しい痛みであることが特徴です。

そんな疼痛性障害は、事故の影響や病気の手術などがきっかけとなって起こることがあるといわれています。そのきっかけの前には何らかの予兆があると考える人もいるかもしれませんが、疼痛性障害の場合はそのようなことがなく、何の前触れもなくいきなり痛みが襲ってきてしまうという恐ろしい一面を持ち合わせています。また、こうしていきなり襲ってきた痛みは弱くなることがなく、数週間や数ヶ月といった短い期間の間にどんどん強さを増していきます。なかには激痛を止めようとして痛み止めを服用する人もいますが、疼痛性障害の場合痛み止めの効果も効き目がないため、ひたすら痛みに耐えなければなりません。

そんな疼痛性障害で襲われる痛みにはさまざまなタイプがあり、やけどをしたようなヒリヒリとした痛みのほか、ビリビリと痺れているような感覚の痛み、熱を持ったような痛みなどがあります。こうしてさまざまな痛みが襲ってきているため、日常生活が困難になってしまうのです。

疼痛性障害は、原因がきちんと判明していないということから、「治療は難しいのでは」と考える人もいます。しかし、そうではありません。精神疾患を専門的に診ている病院やクリニックなどでは、疼痛性障害を始めうつ病や心身症などあらゆる精神疾患に改善が期待できる治療を行なっています。
その治療が、磁気刺激治療です。磁気刺激治療とは、磁気の力で脳に刺激を与え、脳の働きを活発化させるという治療のことをいいます。この刺激により、脳のなかの感情をつかさどる部分、扁桃体に刺激を与え、感情の働きをもっと活発にさせることができます。
こうすることにより、脳の血流量を増やして代謝も活発にさせることができるため、疼痛性障害も改善させることが十分可能です。
こうした病院のなかには、いつでも初診や検査の予約が行なえるように、電話のほかメールやネットでも受付を行なっているところがあります。このようなシステムを設けている病院なら、体に異変を感じた時や、自分の都合の良い時間にすぐ予約を行なうことができるため、思い立ったときに治療を受けることができます。

もしかしたら疼痛性障害を患っているのではないかと疑っている本人はもちろんのこと、その周りの人もこうした病気のこと、治療のことを知ることで病気に対してより迅速に対応することができるでしょう。

CONTENTS

医者と患者

改善させる

疼痛性障害は、精神疾患を専門的に診ている病院やクリニックなどで治療を行なうことができます。脳機能を回復させることによって症状が改善する可能性もあるので、興味のある人はぜひ見てみて下さい。